【シチリア島旅行】5月の気候は?天気や服装、持ち物についても!

こんにちは! シチリア島に住むマッジョ (@m_a_g_g_i_o )です。

5月と言えば日本人のわたしたちにとっては、お正月休み以来のまとまったお休みがとれるゴールデンウィークです。ここシチリア島にはとくに連休などはないのですが、初夏の陽気がはじまって雨も少ない、旅行にぴったりの季節です。

そんなついついどこかへ出かけたくなるような5月。シチリア島の気候はどんな感じなのでしょうか?今日は5月のシチリア島の天気や服装についてお話しします!

5月のシチリア島ってどんな天気?

5月は、写真でみるような青い空がきれいに広がって、さんさんと光が降り注ぐ初夏の気候が特徴的です。

と言っても、天気なので絶対とは言い切れず。例えば2018年の5月は雨が降る日が多くて、ちょっとどよんとした雰囲気でした。(ちなみに他の年と比べると冷夏でした)

ただ、ふだんはもっと晴れてる日が多くて、シチリア島らしい青い空が広がった、からっとした陽気です。日差しは日本より強く暑いですが、乾燥しているので日陰に入ると涼しいのが特徴。絵に描いたような暖かい気候が特徴です

最低気温と最高気温は?

州都のパレルモの例年の最低気温はおよそ15度。これに対して最高気温は25度に達する時もあります。つまり、東京や地方の盆地よりもう少し暑いかなあと言う感じです。

ただ上でも触れましたが、湿気が少ないのでからっとしているのが特徴です。日本と違ってヨーロッパの夏というのは乾燥しているんですね。そのため日差しの下は暑いのですが、日陰に入るとべたべたくっつくような汗をかくことなく、気持ちの良い涼しさがあります。

つまり、太陽の下と日陰の中でけっこう体感温度が変わります。これが日本と違うところです。

シチリア島在住の私が答えるシチリア旅行TIPSとQ&A

どんな服装がベストなの?

5月初旬から日差しは徐々に強くなるものの、日の出てない朝晩はまだ肌寒いです。また雲っていて太陽が出てない日も肌寒いです。なので、カーディガンやパーカーなど、羽織るものがあるといいです。前開きでさっと脱いだり羽織ったりできるものを持ってくると、使い安くて便利かなあと思います。

暑がりのシチリア人の中には、すでに半袖短パンで歩いている人もいますが、下は膝丈以上のものを一枚以上持っていると安心です。

あと、街中散策や遺跡見学の時には帽子やサングラスは必須です。紫外線が強いのは日本と同じです。

靴は日中はサンダルでもいいですが、夕方はちょっと心許ないかも。日本と同じように5月のシチリア島は中途半端な季節なので、ちょっと服装が難しいですね。

ちなみに陽が落ちた後の夜はまだ涼しいので、冷えやすい女性は腹巻きを持ってきてもいいかもしれません。

日本から持ってきた方がいい物

すでに日差しが強いので、日焼け止めは必要です。日本で売ってるローションタイプの軽い感じの日焼け止めはこちらにはないので、観光用に持参するのがおすすめです。

あと、上にも書きましたが、暖かい季節になるとシチリア島は乾燥します。なので、肌が乾燥に弱いという方は、冬に使っているような保湿系の化粧品をしっかり準備してくると良いです。

5月のシチリアの花

オレンジ色のブーゲンビリア

シチリア名物と言っても過言ではないブーゲンビリアが咲き始めるのがこの季節。中旬以降にはオレアンドロ(キョウチクトウ)も満開に。

シチリア特有のからっとした真っ青な空に街の至る箇所がピンクや赤でいろどられて、いっきに華やかな雰囲気になります。あとは、市街地のお庭にゆりや紫の花(名前がわからない)が咲いてたりもするのもこの時期です。

5月が旬のシチリア食べ物

シチリアでの日常ある日の八百屋さん

5月中旬くらいからはマグロがピークです。キッチン付きのアパルトメントに宿泊予定であれば、卸市場で一切れ二切れ買って来て、ステーキにして食べても美味しいです。

野菜は4月に続いてそらまめ、いんげん。グリーンピースは中旬くらいまで。シーズン終わって値段は高いけどアーティチョークもあります。

フルーツは上旬にはびわ。中旬からはさくらんぼ、あんず、モモ、メロンが出てきます。オレンジやレモンも手に入ります。

gelatoconbrioche

ちなみに5月は日差しが強いので、シチリア名物のブリオッシュ・コン・ジェラートそろそろ美味しく感じる季節でもあります。見かけたらぜひ!

繁忙期前の5月はコストがマックスではないのが魅力!

この時期のシチリア島は冬に比べると雨が少なく、天気がいいのが大きなメリットです。よく雑誌や本でみるシチリアの青々とした空が見え始めるのもこの時期。そして飛行機代や宿泊費のコスパは繁忙期より安いのが嬉しいポイントです!

とはいえ、暑さ本番前なので海はまだ冷たいです。なので、繁忙期の7、8月より遺跡や街中散歩などの観光にはもってこいです。(砂浜でのんび過ごしているヨーロッパ人もいますがね…!)トレッキングやハイキングをしにくる人が多いのもこの時期です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。