【イタリア移住のための6つの方法】についてイタリア在住者が語ります!

Ciao、こんにちは!シチリアで星占いしているマッジョ(@m_a_g_g_i_o )です!

私もようやくイタリア移住して1年。私の場合は配偶者がイタリア国籍者だったので偶然イタリアに移住することになりましたが、最近はアジアやヨーロッパ諸国への移住を考える日本人の方が増えていると聞きました。

そこで、今日は将来イタリアで暮らしてみたいという方のために、私が思いつく限りの「イタリア移住のための6つの方法」についてお話ししてみたいと思います。

イタリア移住のための6つの方法

さて、さっそくなのですが、結論から言いますと、現在イタリア移住のための現実的な方法は5つあります。

  1. イタリア人と結婚
  2. イタリア留学しながら仕事を探す
  3. ビザなし滞在期間内で仕事を見つける
  4. 駐在員になるor駐在員と結婚
  5. EU加盟国の人と結婚
  6. リタイアメントビザ

正直言って、イタリア移住はちょっと難しいのが現状です。素敵なイタリア人との出会いがあれば簡単なのですが、とにかく言える事は、イタリアに対する情熱がとてもとーっても大事です。

ではひとつずつ解説してみようと思います。

トレビの泉にて物売りと観光客

[1] イタリア人と結婚

1番シンプルな移住理由はイタリア人と結婚すること。ちなみに私はこの理由で配偶者ビザを取り、シチリアに住んでいます。申請の手続きのために、大使館へ行ったり、市役所や県庁へ行ったりと、やることは多くて複雑ですが、理由としては一番通りやすいんじゃないかなあと思います。

【イタリア人男性との恋愛&結婚事情】在住者による体験談と疑問まとめ

[2] イタリア留学しながら仕事か配偶者を探す

留学で勉強しながらイタリアで仕事か配偶者を探すという定番の方法です。留学期間にもよりますが、長ければわりと現実的な方法なんじゃないかと思います。留学しながらなら、イタリアでの生活に親しみつつ語学も習得できるので一石二鳥です。

ポイントは、語学学校と家だけで過ごすのではなく、現地イタリア人で日本に興味ある人が集まる会などに積極的に参加することだと思います。また、配偶者でなく仕事を見つけると決めている人は、積極的に「自分はイタリアで仕事したいんだ」ということを周りにアピールしていくのがいいです。

ちなみに、学生ビザでイタリアに滞在中はアルバイトできる時間が「週20時間以内」という制限があります。

[3] ビザなし滞在期間内で仕事を見つける

かなり無理矢理ですが、シェンゲンぎりぎりのビザ無しで滞在できる3ヶ月間を使って、イタリアに仕事を探しにくる方法です。

希望を持たせるわけではないのですが、私がスペインでカミーノを歩いていた頃はこのビザ無し滞在で巡礼しながら、行く先々で「巡礼路大好き!巡礼路で働きたい!」って言ってたんですね。すると本当に「じゃあうちで働きなよ!うちのスタッフはみーんな多国籍だから、日本人歓迎だよ〜。」って本気で誘ってくれた北イタリア人のオーナーがいました。

この話は私の都合が合わなくて結局実現しなかったのですが、給料の話とかビザ取得の話とか相談にしっかりのってくれて、けっこう現実的なところまでいきました。

巡礼中周りのスペイン人には「スペインは仕事ないから無理無理!」っていわれましたが、中にはこういう奇特な人もいるので、とにかくどうしてもイタリアで働きたいのであれば、へたでもアピールした方がいいです。

[4] 駐在員になるor駐在員と結婚

これはだいぶ難しい方法ですね。イタリアと取引の多い会社や、親会社がイタリアにある会社などに就職できて、イタリア語が使えれば可能性はあるかもしれません。または、そういう仕事をしている人と家族になることによって、イタリアに住める確率が上がるかもしれません!(まあ、そんな理由で結婚相手選ぶのか!と冷静に考えると、かなり独特基準なのですが…)

[5] EU加盟国の人と結婚

この方法はイタリアがEUの一部である限りに限ります。EU加盟国に住む人と結婚すればこのような方法もあります。実際私のイタリア人親戚は、「物価が安いし恋人もいるから」という理由でスペインの島に住んでいます。

ただ、イタリアに来て住むためには自分かパートナーのどちらかがイタリア語で手続きができないと、役所やイミグレーションの通過が難しいかもしれません。また、この方法で移住してきた場合、イタリアの国民保険や社会保障などが普通に適応されるのかなど私の方ではわかりかねるので、移住前にしっかり調べておくことを強くオススメします。

[6] リタイアメントビザ

これはなかなかハードルの高いビザで、具体的にはイタリアに家を買って家を維持&収入無しで生活できるほどの経済力があることを証明する必要があるそうです。ちなみにイタリアでの就労は不可です。正直このビザに関しても手許に情報がないので、気になる方はぜひご自分で調べてみてくださいね。

ビザの種類

  • 配偶者ビザ
  • 学生ビザ
  • 就労ビザ
  • リタイアメントビザ

現在は就労ビザもかなり厳しい

イタリアの労働許可証には大きく分けて「被雇用者用労働許可証」と「自営用労働許可証」の2種類があるそうです。ただ、イタリアでは人を雇った場合の税金がかなり高いせいで、会社が人を雇う機会自体が減っています。また現在、自営用は移民問題による規制がかなり厳しくなっているようです。

【コネ社会】イタリアで生きるコツ

クレマ・ディ・カッフェ生クリームのせ

イタリアに移住するなら知っておきたいことの一つにコネ社会というものがあります。私も来る前からこの話は知っていたのですが、最初はあんまり気にしていませんでしたが、住んで1年くらいしてみると、これがどういうことなのかわかってきました。以下、ちょっと長いですが私の体験したエピソードです。

イミグレーションでコネ社会に直面した私のエピソード

決定的だったのは、私が1回目のPermesso di Soggiorno (滞在許可証)の更新のためにイミグレーションへ行かなきゃならなかったときのことです。電話を掛けて今日はやってるのか、何を持っていけばいいのか聞きたかったのですが、2日間トライしても誰も出ず、当然折り返しもない…。

仕方がないので直接イミグレーションへ行ってみたところ「今日は担当の者がいないから受付は無理ね」と言われ帰るハメに。その日4〜5人スタッフはいたし、イミグレーションなのに、誰も滞在許可証の更新の受付できないってどういうことなんだ〜と夫とがっかりして帰りました。

で、次に行ったときは1人違う顔のひとが一人増えていて、受け付けはしてもらえました。そこで「1ヶ月後に引き取りにきてください」と言われ、一ヶ月経ってもう一度イミグレーションへ行ってみました。すると「まだできてないわ。今週中ね。」と言われる始末。

そう、忘れられていたのです…!イミグレーションはアクセスしにくいところにあるので、私と夫はちょっとあきれながらも仕方なく帰りました。夫はお友達に「聞いてよ〜」と愚痴をこぼす始末。

するとそれを聞いた友達の一人が、イミグレーション内部に友達がいたらしく、こっそりそ電話をかけて催促してくれたんですね。するとその日の夕方に滞在許可証の更新が完了したとの連絡が。これは私が体験したイタリアコネ社会のひとつの例です。

なにが言いたいのかというと、移住予定のある人は、とにかくここで友達や家族を持つ事は大事です。家族づきあいは大変なこともありますが、家族のツテがあったからなんとかなったなんてこともあるからです。

北と南のどちらに住むか問題

イタリア移住を考えているくらいイタリアが好きな人ならすでにご存じだと思いますが、イタリアは北と南でぜんぜん雰囲気が違います!

北イタリア

北イタリアはドイツやオーストリアに近い事もあり、気質もどこか隣接してる国の人達と似ています。よく働いている人が多くて、日本人ほどではないですが規律を大事にするような感じがあります。外観も背が高くて目の色が薄かったり青かったりという感じです。

南イタリア

一方、私が住んでいるのは南イタリアですが、北と比べると人と人との距離が近くて話しやすかったり、性格はざっくばらんな感じの人が多いなあという印象を受けます。見た目はどちらかというと、南の大陸の人達と血がまざってるのか、日本人と似たようなシルエットや髪色の人が多いです。

イタリアはどこに住んだとしても、その土地の歴史や文化が残っていておもしろいです。なので、自分の肌に合う場所を選びたいですね。

イタリア移住方法まとめ

ローマでみかけた歴史ある建物

現在イタリアでは移民の流入も多く、経済状況はかなり圧迫されているので、労働ビザ取得はかなり難しい印象です。ただ、コネ社会という部分に目を向ければ、仲良くなって仕事を得ると道も考えれば、全く不可能ではないと思います。

ただやっぱり一番簡単なのは、イタリア人かEU国の人と結婚することかなと思います。あとは、やっぱり情熱があって行動する人は、その分の引きも強いと思います。なので、どうしてもイタリアに住みたいという人は、ぜひ行動してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。